【iPad Pro】Procreateでリアルな食べ物メイキング【食べ物イラスト】

なうい

食欲の秋!

こんにちは、今年は例年と比べて食欲がすごいなういです。

仕事中に後輩が飯テロLINEを送ってくるのも太る原因の1つだと思ってます。

さて、今回は役に立つのかわからないけど、できたらすごいよねってことで

ipadのペイントアプリ、Procreateを使って

リアルな食べ物を描いてみました!

以前、イラレでもリアルな食べ物描いた記事があるので、そちらもよかったら~

illustrator初心者がリアルな食べ物を作る-野菜・果物編

おいしそうな食べ物が描きたい!

おいしそうな食べ物を描くには、おいしそうな写真が必要です。

想像で描くとどうしても簡略化された”イラスト”になっちゃうんですよね。

(私の想像力が乏しいからか…?)

ということで、友人から写真を何枚か提供してもらいました!ありがとう!

今回使うのは毎度おなじみProcreate。

ProcreateとCLIPSTUDIOのレビューについての記事はこちら!

【ipadイラストアプリ】CLIPSTUDIO&Procreate体験レビュー

描き心地だったり、価格等比較しています~。

Procreateのすごいところ

さて、こういうメイキングで一番困るのって画面録画なんですよね。

なぜか上手く録れていなくて膝から崩れ落ちたことが何回あったか…。

でも大丈夫!Procreateならそんな心配はいりません。

なんと、

アプリが自動でタイムラプス動画を録ってくれるんです!!

(設定でこの機能をオフにすることもできます)

すごい、すごいです。

もし録れていなかったらどうしよう、後から編集面倒だな…

なんて考える必要もなく、

動画の書き出しも1タップで完了。

ひゃ~~~技術の進歩~~~

じゃあさっそく描いたものの紹介をば!

ふわとろオムライス

一番初めに描いたもはオムライスでした。

まずは元となった写真から。

おいしそ~~~~~~~~~~

私、オムライスはちゃめちゃに好きなんです…。

これは筆も進みますよ~!


ということで、先ほど説明したProcreateの自動録画機能を使って

タイムラプスを書き出してみました。

完成系がこちらです!

特にこだわった部分がソースのハイライトです。

つやつやで、ジューシーな感じが伝わるようによだれ垂らしながら描きました。

って動画見返したら最後のほうに謎の落書きがはいってました。

友達に試し書きしてもらったのがそのまま入っちゃった…へへ…。

描き方ステップ

めちゃくちゃざっくり描き方を説明すると、

手順1
色分けする
写真を一番下のレイヤーにおいて、それぞれパーツ(食材とか)ごとに色分けをする。
手順2
影をつける
色分けしたパーツに影つけたりなんたりします。
手順3
ハイライト入れ
いかにリアルに見えるかはハイライトにかかってるので、写真とにらめっこしながらハイライトいれます。
手順4
かんせい
色々調整して完成!

ざっくりしすぎて良くわかりませんが、

動画も見つつ察してください…。

霜降りおにく

こちらの写真はブロガーのズッカズさんより頂きました!

参考 https://zukkazu.com/ズッカズの森

ズッカズさんのブログは毎日更新され、なおかつめちゃくちゃ笑えるので是非!

めっっっっちゃおいしそう…

てことで描きます。

描きました!!!!!!

正直アホほど難しかったです…。

肉のサシ、厄介~~。

一番うまくかけたポイントはレモンです。

ふわふわパンケーキ

お次はふわふわのパンケーキ。

かわいい女の子からかわいい写真を頂きました。

お皿まで…描くぞ…!!!!

なかなかの自信作です。

描く度にインスタのストーリーで、

どっちが本物(写真)でしょう!?アンケートをとるんですが

このパンケーキは回答が半分半分にわかれました。

なうい

みんなじっくり見すぎなのよ

”パッと見で判断してね”って言ってるのに

「スクショして拡大して見比べてる。」っていわれたときには

それは反則や!!!!!思いました。

ただまだイラストの域から抜け出せていませんね。

最終目標は

実際の食べ物と見比べてもわからん。

です。

精進します。

それではまた!

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です